ぜんぶにわか

絵を描くタイプのオタク目線で世間を見る 警察・ヤクザ・忍者・アサシン・歴史物が好きなハイテンションネガティブ まだ人生1周目なのでお手柔らかにお願いします

【アイコノクラスツ】考察と用語の整理とプレイ感想文2※超ネタバレあり

※記事には盛大なネタバレと考察がありますのでプレイ前の方は注意してください※

※考察があまりに伸びてしまったので2つに記事分けました

ゲーム内に出てくる用語については別記事にまとめています

こちらにも用語ごとにかなり考察が入っているのでよかったら読んでみてください▼

www.allniwaka.com

 (順番はどちらからでも大丈夫です

1の方は超長いので普通の考察見たい人はこのままこの記事読んでください)

www.youtube.com

ロイヤルがイキイキしてやがる

公式HP:DANGEN | アイコノクラスツ

 

考察

ガバ多めの考察

フーン程度にとどめてね

三角と四角、それから丸

背景をよく見てみるとコンサーンに関わる物の多くは三角形で構成されており、

自然物、森や岩などは四角形で構成されている

だが木などの一部には三角形の物も多く混じっている

 

ミナによるタネの説明に

「船の中から神聖なタネを見つけた 種を土に植えるとすぐ育ってヘンな植物になった」

「タネから育った植物は、丸くてかわいい葉っぱと幹を持っていた」

「タネを残してくれたご先祖様への感謝のしるしとして丸い葉っぱで家を飾る」

などという話が出てくる

話の通り、確かにイシルガーの中にある葉っぱには曲線、丸が使われている

f:id:kareidosuko-pu:20190716213104j:image

この話からすると古代の、本当に種から生えてきた自然の植物には丸みがある

ということは地上にある自然は本当の”自然”ではなく、”人工的に作られた自然”なのではないか?

 

そしてマザーの項目(別記事)にあるように「マザーは星の形を変える力を持っている」と言われている

それの力というのがこのことになってくるのでは

 

ロイヤルが能力で花を咲かせて見せたシーンがあった

その能力の延長でもっと強い力を持つマザーは大地や森すら作り上げたりすることも可能だったのではないかと考えられる

ロイヤルは「僕の能力では作れない丸みを帯びた~」とも発言しているためおそらくマザーも同じだろう

フィールドのカクカクした大地や森すべてがマザーの作った物だと思うとその力はとんでもない

 

ついでにマザーは途中で人が変わっている

前任マザーの作り上げた物は四角、現在のマザーが作り上げた物は三角で構成されているなどの区別があるのかもしれない

コンサーンの建物に三角が多いのは現代マザーが作ったから、ということかも

(…ただ塔の地下では”地形を変えるマシン”と呼ばれる物が出てくるし、

くらやみの洞窟では「抽象的なキューブたちが融合しようとする、特にコンピューターと!」といった文章が見つかるため断言できない

暗闇の洞窟についての詳しい話は後ほど

塔の白い虫?

塔のシーンで背景をよく見ると白い虫のようなものがいる

f:id:kareidosuko-pu:20190716213248j:image

虫のいるところが正しい道筋で、それに付いていけば大体正しく進むことが出来る

話の中では特に虫について触れられないので完全に想像だがロイヤルの可能性が高いのではと思っている

そもそもロビンたちが牢屋に入れられたのはまあ98%ロイヤルのせいである

ロイヤル自身もかなり凹んでいたのでせめてもの手助けだったのかなぁ…など

ただ虫を追っても迷子になるので教えるんならちゃんと教えろよ!と文句を言いたくなるクオリティーがまたロイヤルらしいとも思う

副作用

エージェントは”信仰心”がないと副作用が強く出ると言われている

アッシュが「自分はひどい裏切りを働いたからひどい罰を受けているんだ」といった内容を話している

 

ブラックがひどい頭痛に悩まされる中、クロームは一度も自らの痛みに関して話していない

クロームにマザー教の信仰があるかどうかは置いておいてマザーから見て邪魔だったのは間違いないだろう

となるとこの”副作用”はマザーやスターワーム達の力で制御されているわけではないようだ

 

そもそもこの副作用は育成所で教え込まれるのか自ら思い込むのか不明で、

また実際に副作用が酷くなるのかも不明

ブラックの頭痛もただの片頭痛や本当にホワイトの声量が原因だった可能性もあるし

アッシュも普通に病気だったり罪悪感によって支障をきたしているだけかもしれない

 

しかし体に流れるアイボリーが実際に害をなしている可能性は大いにある

時間経過によって害が出てくるわけでもないようなのでそれにしても結局原因は分からない

聖罰

手裏剣に目が付いたような機械が地下から現れて惨殺する

ブラックはロビンに対して「特別に配慮して自宅で罰を受けさせてやるからな。感謝しろー」的なことを言うが実際、確実に聖罰を下せるのは家だけなのだろう

むしろそう管理するためにコンサーンはみんな同じような家住まわせ番号を振っているのだと思われる

暗やみの洞窟って結局?

暗やみの洞窟に関しては結局キューブの意味も、同時に出てくる”眼”という存在もかなり意味が分からない…

キューブは古代の遺産を研究した賜物

洞窟内に「抽象的なキューブたちが融合しようとする、特にコンピューターと!」という記述がある

コンサーンの基地にも同じものが聖なるブロックとして祭壇のようなものが作られており、その注意書きには「電気やアイボリーの近くにさらすことも禁ずる」とある

パソコンに融合しようとしたのは活動するための電気(エネルギー)を求めていたからという事のようだ

…でそのキューブはエネルギーを得るとどういう活動するんだ?

増えるだけ?

 

”眼”は生き物や物体に憑依し操ってしまう

聖罰を行っていた手裏剣みたいな敵も眼が憑依したもの

「地形を変えるマシン」と呼ばれていた物も聖罰を起こす敵の大きいバージョンだった

マイロンによると別の場所にコアがあり、これはモジュールだろうという話

その”眼”がマシンをコントロールするために埋め込まれたモジュール?

では操縦者はどこに…

 

もう一つ、キューブと呼ばれている物がキューブ→草の生えた地面→ショックウッドの地面、そしてまたキューブへと見た目を変えるシーンがある

ということは実はこの世界にある背景すべてが光学迷彩的なもので 、電源をOFFにしてしまえば世界全部あの無機質なキューブということなのか…?

そうなるとロイヤルの能力も花が咲いたように見えたが実際はただキューブを生み出しただけであり、

マザーの星の形を変える能力というのもキューブを自在に操れる能力という結論にいたる

 

結局洞窟内で確実に分かっていることは過去にここでエージェントが作られていたという事だけになる

トランセンダー=聖なるゆりかごというものがありここでエージェントやロイヤルのような真のリーダーとなるモノが作り出していた

トランセンダーの回想に出てくる子は黒髪で腕が解けていたのでブラックではないだろうか

洞窟の古いトランセンダーが稼働していたのは既に何百年も前の事で、実際にここでブラック達は作られたのかもしれない

現在はコンサーン東基地内の新しいトランセンダーが稼働している

月はなんで割れている?

ずっと気になっていたのにメインストーリーでは殆ど触れてこない
f:id:kareidosuko-pu:20190716213717j:image

マイロンの船の中のメモに

「我々が月の岩によって絶滅しないでいられるのは、枯れて砕けた月の地殻がこちらの惑星の大気に突入する際に単に燃え尽きてしまうからだ。

仮に月がそんな状態だとすれば、採掘を開始された惑星はいったいどのようになってしまうのだろう?」

というものがある

また「これらが全て機械だと考えてみると、他の方法を思いつくこともありうるのではないか?」というメモもある

これらとは星とその上にある建物、聖罰、人などすべてを含めた事だと読む

 

ワームからすれば星自体がエネルギーを採取するためだけの採掘場に過ぎないのだろう

家に番号を振り、遠隔ボタン一つで聖罰が下る仕組みを作るぐらいだ

地表に住む人間たちは機械を動かす電気のようなもの、

星そのものがワームの使いやすいエネルギー回収マシーンにされていたという話だと捉えた

月はエネルギーを採掘され続けた慣れの果てということになる

 

”月”と言われているが実際はあれが今で言う”地球”だったのでは?

…と思ったのだが「旧世界の惑星が月と同じように壊れた」という記述があったためこの説は論破

月は実際に月で別に地球的な物はあったようだ

 

イシにあったご先祖様の船は普通の船ではなくどちらかというと宇宙船のように見える

コンサーン達も同じような船を所持しており「箱舟」と呼んでいた

どちらも旧世界からコンサーンが計画していたロケットの様に地球から逃げてきた船だったのだろう

結局分からない件

ロイヤルが一体何をした…

出会った時から散々言われ散々な扱いを受け続けているが本当に謎

彼のお方を怒らせたというが何しやがった…

秘密裏に封印されていたある物を攻撃したらしいが…

そのせいで彼のお方、スターワームを呼び寄せる事になってしまった

ロイヤルのせいで星の崩壊は早まったかもしれないがエージェントが大きく巻き込まれた事に関してはエルロのせい

 

ロイヤルが攻撃したモノに関して、明記がなかったが惑星の脊髄かなと思っている

惑星の脊柱?

で惑星の脊髄って何よって話

塔の中の研究員たちが話している

「脊柱の計算に割く人員が減らされた、つまり我々は終末を迎えている

脊柱の制御器はなくなりつつある 動かなくなったのかも

聖なる文字の解読

構造が分かれば脊柱のテクノロジーを手中に出来る」

…さっぱどわからん

そして聖なる文字という新要素

(過去の文字だろうとは推測される

 

脊柱やら星の組織やら、やたら星を生き物に例えた単語が出てくるが

…もし例えではなく本当に生き物だったとしたら…

 

とも考えたが脊柱のテクノロジーなどと言ってるしスターワームですらただの乗り物だったのだからそれはないと思う

生き物の例えば地球の環境破壊を比喩した作者の皮肉だと思ってる

地名とエージェント

月の建物にたくさんの扉と「確保済み」と書かれた看板がかかっている

そこには

  • エメット・ダーランド
  • アシュリン・フェリア
  • ベア・ブロックロック
  • オリバー・シャード
  • ジョセフ・グラス
  • マザー
  • プロジェニー・ロイヤル
  • マデリン・ビノーチェ

と書かれている

マザーとロイヤル以外はエージェントのようだが名前の後ろに書かれている単語は

  • ブロックロック(最初のステージ)
  • シャード・ウェイストランド(砂漠の所)
  • フェリア・ショックウッド(塔のある場所)
  • グラス海峡

などすべて地名だ

 

…ということは分かっても

で、なんなのかが分からない

 

『確保済み』というのはロケットを使い避難してきた時のため、既に部屋が用意されているという意味なんだろうか

…と見せかけて実は地上にいたのは人形か何で、本体は電子化されずっとここから遠隔操作していたとか?

もう想像すればいくらでも幅があって分からん

 

星をただの採掘場とするのならば、地名だって凝って付ける意味はない

最悪第17区のなんハウスのように番号でも振っておけばいいわけだし

適当にエージェントの名前を担当地区の名前として振り分けたというのはとりあえず有力

 

更に気になるのがここにエージェントホワイト、グレイ、クロームの名前が無いこと

クロームはブラックが知ってる情報を共有されていなかったし、星での規格外の行動によりロケットの乗員から弾かれた可能性は高い

クロームの信頼が無くなったのはいつか分からないが、

しっかり信仰していたはずのホワイト・グレイの名も無いことからこの看板はホワイトの死後作られたものだと思われる

となると結構最近

もしかしたらクロームの死後という可能性もある

 

しかしロケットはまだ発射していなかったのに一体だれが用意したんだ

あそこ以外の部屋に誰かいたのだろうか…スターワームの中身とか?

考察までしてみての本音の感想(と超仮説)

なんというか、いずれにせよめちゃくちゃモヤモヤする終わり方だった

1周目の後半はもう絶望が畳みかけてくるから早くすべてが解決したハッピー世界が見たくて一気にプレイしてしまった

…結局どこまでやっても終わらない絶望だったわけだが…

 

2周目は情報のあるセリフはほぼ全部書き写しながらプレイした

の、だが見てのとおり

それでもハッキリ解決できない部分が多かった

多分作者の中では辻褄はすべて合っていて完全に完結しているんだろうが

もうちょっと本編で分かるように情報を与えてほしかったなと思う…

こちらの察しが悪いのは本当にすまないとおもっている

あえて全部語らないのが作者の戦略であれば、

プレイ時間だけでも250時間取られて1万字以上の考察記事書いちゃったんだからまんまと嵌められてる

キャラクターのデザインとかも集めた裏設定集が欲しい

 

ストーリーの中、コイツひどいことをするヤツだなぁという登場人物が沢山出てきた

しかし酷い奴とは思いつつも心の底ではその気持ちが分かってしまう

同じような場面になったら私もこの人のような酷いことを言ってしまうかもしれない…と一方的には責められなかった

劣等感やコンプレックス、人種や信仰による根本的な考えのズレがすごくリアルに書かれていて…

痛い所にチクチクくる話だった

 

主人公もしかり、ヒドイ子というかリアルに普通の人間だった

確かにいろんな人達に手を貸してはきたのにエンディングあの様だ

結局ほぼ何も、誰も救ってはいない

普通の人間の選択が変えられるものなんてそんなに大きくないんだろうな…

 

それに彼女は自分が生きるためにロイヤルを犠牲にしている

ゲーム上の都合だとは理解していてもあの△ボード持って扉の近くまで行くとか、ロイヤルを救う方法だってあったはずなのに試行錯誤すらしなかった(とプレイしていると思ってしまう…)

ロビンは一切言葉を発さずにあっさり置いていくだけだから最後の最後でこの子は本当に自分の気持ちがない機械なのか?って思ってしまった

 

…あれ、それ一説ありなんじゃ……?

エルロがやたら「アイツは自分じゃ何も考えられないんだから」「アイツに自分の気持ちなんてわからないんだ」的なこと言っていたが

もしロビンがロボットだったとしたら全部納得する

お父さん機械に詳しかったハズだしロビンはコンサーンに登録されてなかったし、

もしかしたらお父さんが殺された原因はロビンを作ったからとか…

大体あんなデカいレンチをあんな高速で回すとか人間に出来るわけが

 

…ほら!とんでも論出てくるから作者さん早く設定集!!!!!

(ちなみに月から還ってきたところで膝を抱えてうずくまっているので感情がないわけではないしロビンは本当に悔いているはず

でもロボット説否定の根拠はない

あれ……冗談だったけどマジである気がしてきた…

 

はあ…ロイヤル幸せにしてあげたかったなぁ…

元々白髪キャラ大好きなんだがロイヤルは性格も大好きだった

月のシーンはしんどすぎてもはや虚無…もう二度とやりたくない…(2周した)

プレイヤーに見捨てさせる演出が憎すぎる

二度とやりたくないしまじでしんどかったけど非常に良い演出だった…故にしんどい…

わたしの推しは皆死ぬ……

 

ということで整理してみましたがまだまだ核心に分からないことが多いです

情報あったらコメント諸々で教えていただけると嬉しいです

私はこう思ってるよという考察も大歓迎です

よろしくお願いします(TДT)

長々お付き合いありがとうございました!

 

よければこちらでも用語を整理しつつ考察書いているので時間がある時に流し見してみてください▼

www.allniwaka.com

 

 

www.allniwaka.com

www.allniwaka.com

www.allniwaka.com